会社概要路線バス運行管理請負業貸切バスリンクHOME

運輸安全マネジメントに関する取組みについて

                                                      2021年4月
                                                            神鉄バス株式会社

 運輸安全マネジメントに関する取組みについて

 

 弊社では、輸送の安全の重要性を深く認識し、運輸安全マネジメント導入により、次に掲げる「輸送の安全に関する基本的な方針」に基き、より一層安全で快適な輸送を実現するべく経営トップをはじめ全社員が一丸となって取り組んでいます。

    
1.輸送の安全に関する基本的な方針
(1)  社長および役員は、輸送の安全確保が事業運営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、安全の確保に資する現場の声を傾聴するとともに、企業理念の浸透を図り、輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を全従業員に徹底してまいります。

企業理念「安全輸送と真心サービス」
  バス事業者の根幹は安全輸送であることを社員一人ひとりが充分に認
  識するとともに、お客様に対し真心のこもったサービスを提供すること
  により地域社会に貢献します。

(2)

輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan Do Check Act)を確実に実施するとともに、安全対策を不断に見直し全従業員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報については積極的に公表いたします。

2.輸送の安全に関する目標(2021年度)
(1) 重大事故発生件数0件の達成 (前年度発生件数 0件)
(2) 有責事故件数の削減目標
   車内人事事故     0件の達成(前年度発生件数 0件)
   人身事故       0件の達成(前年度発生件数 0件)
   車両事故       2件の達成(前年度発生件数 3件)
  を目標とします。
【※2020年度輸送の安全に関する重点目標の達成状況はこちら】
【事故の統計】
(3) 飲酒・酒気帯び出勤の撲滅
3.輸送の安全に関する重点施策
(1)

輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、安全管理規程に定められた事項および関係法令等を遵守いたします。

(2) 輸送の安全に関する費用支出および投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3) 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
(4)

輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。

(5)

輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施いたします。

(6) グループ企業と密接に協力し、一丸となって輸送の安全性の向上に努めます。
(7)

 管理の受委託にかかる委託業務者およびその他関係業務に係る委託事業者と相互に協力し、輸送の安全の向上に協力するよう努めます。

4.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置
【2020年度(2020年4月1日〜2021年3月31日)に講じた措置】
【2021年度(2021年4月1日〜2022年3月31日)に講じようとする措置】
5.輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制
  【輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統】
【事故、災害等に関する報告連絡体制】
6.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況
【輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況】
7.輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置
【輸送の安全に係る内部監査の結果】
8.安全管理規定
【安全管理規定】
9.安全統括管理者
荒田 幸夫
   
     <トピックス>

−教育研修の充実−
外部研修施設での教育プログラムを2011年度より本格導入し、営業所責任者及び乗務員の運転技能や知識等、質的向上を図っています。


―消防演習―
走行中の観光バスと乗用車が接触し要救助者が複数発生、さらにバスから火災が発生したとの想定で消防演習を実施しました。乗務員によるバスの非常用ドア操作方法や積載消火器による初期消火訓練、バス車内から乗客を避難誘導など、実践的な消防演習を行っています。